サブスク一覧

コミックDAYSの評判・口コミは良いのか悪いのか?実際に使ってみた結果を徹底解説!

1月 21, 2022

コミックDAYS

コミックDAYSは、講談社が提供する漫画アプリです。
無料で利用できますが、月額料金を支払うことで読める漫画の数が増えます。

月額720円の料金プランから用意されており、講談社が発売する人気漫画誌が読み放題になる漫画サブスクです。

この記事では、コミックDAYSの評判や口コミをまとめた上で、筆者が実際に使った結果を含めて紹介します。

コミックDAYSの利用を検討している人は、ぜひ読んでみてください。

目次

コミックDAYSの評判・口コミは実際どうなのか?

口コミや評判はどう?

それでは、コミックDAYSの評判・口コミをカテゴリごとに紹介していきます。
筆者が独自で調べた口コミや評判を紹介していきます。

コミックDAYS
月額料金720円~
読み放題冊数※・漫画誌6誌
・漫画誌21誌
ジャンル漫画誌
無料期間当月無料
支払い方法・クレジットカード
・ドコモ払い
・auかんたん決済
運営会社株式会社講談社
アプリの有無

※「読み放題冊数」は時期によって増減しますので、最新情報は公式サイトをご確認ください。

講談社の漫画誌をたくさん読める

利用者の声(男性)

読める漫画がいっぱいある

20代男性

講談社の漫画誌が月1,000円以下で読み放題なのはすごい!読める漫画がいっぱいあって満足です。

利用者の声(男性)

めっちゃお得

20代男性

週刊誌4冊分の料金でこれだけ漫画を読めるのはめっちゃお得だよね。購読してる漫画誌があるなら間違いなくおすすめ。

利用者の声(女性)

たくさん読める

10代女性

これだけたくさんの漫画を読めるのはコスパ良いですね。2ページが繋がって書かれている部分が読みづらいのを除けば最高です。

コミックDAYSを利用している人の中には、「漫画をたくさん読める」という感想がいくつも見られました。

まず、講談社が販売する漫画誌の最新号が読み放題です。
(読み放題になる漫画誌の数は、時期によって増減することがあります。)

そして、読み放題になるのは最新号だけではありません。

週刊誌の場合は最新号に加えて旧号3誌を読めて、月刊誌の場合は最新号に加えて旧号2誌が読めます。

また、「2ページが繋がっている部分」が読みづらいという声もありますが、スマホを横画面にすることで違和感なく読めます。

ただし、画面サイズが小さいスマホだと、小さくて読みづらいかもしれません。

 

ダウンロードできるのが便利

利用者の声(男性)

ダウンロードできるのが良い

20代男性

ダウンロードしてオフラインで読めるのが良いですね。通信量を気にせず、通勤の電車で漫画を楽しめます。

利用者の声(女性)

アプリをインストしないといけないけど

30代女性

アプリをインストしないといけないけど、ダウンロードしてオフラインで読めますね。通信制限に悩む必要が無いから助かります。

コミックDAYSを利用している人の中には、「ダウンロードできるのが便利」と感じていた人が見られました。

Wi-Fiのある場所で漫画をダウンロードすれば、いつでもどこでも通信量を気にせず漫画を楽しめます。

「漫画アプリで漫画を読んでいたら、いつの間にか通信制限になった」という人も少ないないでしょう。

コミックDAYSのアプリをインストールする必要はありますが、ダウンロードできるのは非常に便利な機能です。

 

紙と違って袋とじが無い

利用者の声(男性)

紙のほうが良い

20代男性

紙で買うと袋とじがあるんだけどなぁ。電子版だと何もない。そこは微妙だね。

利用者の声(女性)

紙と変わらない内容だったら良かった

20代女性

紙と変わらない内容だったら、今後も利用したんだけどね。袋とじとか一部記事は読めないみたい。

コミックDAYSは、紙の漫画誌と違って袋とじ等がありません。

そして、袋とじだけではなく、一部記事が読めないなど若干のデメリットがあるのは事実です。

「コスパ」だけでいえば優れているのは間違いないですが、完全では無いことを理解した上で利用しましょう。

 

付与されるポイントで気になる漫画を読めた

利用者の声(男性)

ポイントで漫画を買えた

20代男性

毎月もらえる200ポイントで、気になる漫画を読める!これは、継続的に利用する価値がある。

利用者の声(女性)

ちょっと少ないけど…

10代女性

漫画によっては購入に必要なポイントが結構高い。毎月200ポイントってちょっと少ないけど、全く無いよりはマシかな?

コミックDAYSは、毎月15日の12時に200ポイントもらえます。

もらったポイントは、漫画の購入に利用でき、読み放題では読めない漫画を読めます。

コミックDAYSだと単行本の購入だけではなく、1話単位での購入も可能です。

もらえるポイントは少ないですが、1話単位での購入であれば気軽に読み始められます。

 

解約すると読めなくなる

利用者の声(男性)

解約したら読めなくなった

10代男性

解約したら読めなくなるのを知りませんでした。これだったら、紙の漫画雑誌を買ったほうがマシ。

利用者の声(女性)

20代女性

解約すると読めないのは微妙…。何度も繰り返して読みたい派だから合わなかったな。

紙の漫画誌を購入すれば、ずっと手元に残り、読み続けることができます。

しかし、コミックDAYSで読み放題の漫画誌は、解約すると読めなくなります。

そのため、「漫画誌を読み返すこと」が多い人には相性が良くないかもしれません。

 

無料期間があるから利用しやすい

利用者の声(男性)

無料期間があるから気軽に始められる

10代男性

無料期間があるから気軽に始められますね。アプリは若干使いづらさを感じましたが、基本的には満足しています。

利用者の声(女性)

紙より良かった

10代女性

無料期間があったので、コミックDAYSを利用してみました。スマホだと持ち運びが便利ですし、個人的には紙よりも良かったです。

コミックDAYSは当月無料で利用できます。

無料期間があることから、「気軽に利用できる」という感想がいくつか見られました。

アプリの使いやすさを始め、実際に利用してみないと分からないこともあるので、お試し利用してみてはいかがでしょうか。

コミックDAYSはこちら

公式サイトで申し込みの手続きをするまで料金は請求されません。

 

コミックDAYSを実際に筆者が使ってみた結果と感想を紹介します

豆電球

コミックDAYSの実際の口コミを紹介しましたが、良い口コミもあれば悪い口コミもありました。

そこでここからは、実際に筆者が使ってみた結果と感想を紹介します。

読める漫画の量が多かった

コミックDAYSを実際に使ってみて、「読める漫画の量が多かった」という感想を持ちました。

月額720円から利用でき、6誌以上の漫画雑誌を読めます。
そして、最新号だけではなく、バックナンバー(旧号)まで読むことが可能です

バックナンバーは、週刊誌なら3冊まで読むことができ、月刊誌なら2冊まで読むことができます。

漫画誌2~3冊の料金で毎月利用できるので、コストパフォマンスにも優れています。

ただし、「男性向けの漫画は読まない・女性向けの漫画は読めない」とすると、自然と読める漫画の量は少なくなります

男性向け・女性向けとされていても、読んでみると意外と面白い漫画は多数あります。

これをキッカケにさまざまな漫画を読んでみてもいいかもしれません。

 

付与されるポイントを使用して、さまざまな漫画を読めた

コミックDAYSは、毎月200ポイントが付与されます。
付与される200ポイントは、コミックDAYSで漫画を購入するために使用します。

これによって、「読み放題になっている漫画以外」も読むことが可能です

また、単行本を購入する場合、200ポイントでは足りませんが、1話ごとに購入できます。

毎月少しずつ漫画を読めるので、ポイントを集める期間(我慢する期間)は少ないです

ちなみに、1話ごとの購入では、60~100ポイントくらいを消費します。
また、巻ごとの購入では、600~800ポイントくらいが必要です。

毎月付与されるポイント量は若干少なく感じますが、ポイントを別途貯める方法※が存在します。
(※ポイントを貯めるにはさまざまな条件を達成する必要はあります。)

結局のところ、ポイントが全く付与されない漫画サブスクが多いのが現状です

ポイントが少しでも付与されるコミックDAYSを利用すれば、さまざまな漫画を読むことが可能になるでしょう。

 

コミックDAYSのアプリは長所と短所がある

ダウンロード機能を使用するためにも、コミックDAYSのアプリをインストールする人が多いことでしょう。

しかし、コミックDAYSのアプリには長所と短所があります

最初に、筆者が利用していて感じた短所からお伝えします。

利用していて最も不満だったのは、要所要所で邪魔なポップアップが表示されることでした

漫画を読みたくてアプリを開くのですが、ポップアップに操作を邪魔されてしまいます。
今後改善されることに期待します。

続いて、長所をお伝えします。

一度読み終わった漫画誌には「既読」が付いたり、もうすぐ読めなくなるバックナンバーに「公開終了まであと◯日」と表記されたりします

「既読」が付くことで、未読の漫画誌と見分けがつきやすくなるので非常に便利です。

また、「公開終了まであと◯日」と表記されることで、読み忘れを防止できます。

アプリの使用感や操作性は、実際に使用するまで分からないと思います。
興味のある人は一度ご自身で体験してみてはいかがでしょうか。

コミックDAYSはこちら

公式サイトで申し込みの手続きをするまで料金は請求されません。

 

コミックDAYSの良い点とは

このサブスクのメリットは何?

ここまでコミックDAYSの口コミと実際に使った感想をまとめました。
ここからは、コミックDAYSの良い点、優れている点を紹介していきます。

読める漫画の量が多く、コスパに優れているからおすすめ

まず、読める漫画の量が多く、コスパに優れています。

紙の漫画誌と比較しても、その差は圧倒的です。
コミックDAYSで読み放題になる漫画誌を全て購入しようとすると、月額料金よりもはるかに高額です

月額720円のDAYSプレミアムは、単純計算約5,000円の漫画誌を読めます
月額960円のDAYもっとプレミアムは、単純計算約15,000円の漫画誌を読めます

袋とじなど一部読めない部分はありますが、料金にかなりの違いがあるのは事実です。

「お得に漫画をたくさん読みたい!」という人にはおすすめです。

 

読み放題以外の漫画を読むために使用できるポイントが毎月付与される

コミックDAYSを有料で使用していると、毎月ポイントが付与されます。

付与されるポイントは、読み放題以外の漫画を読むために使用できます。
読み放題に加えて、ポイントまで付与される漫画サブスクは他社にもありません

付与されるポイントは多くないですが、コミックDAYSの大きな魅力です。

 

青年誌・少年誌・女性誌・少女誌などさまざまなジャンルの漫画が読める

コミックDAYSは、青年誌・少年誌・女性誌・少女誌などが揃っています。

つまり、さまざまなジャンルの漫画を読めます。
そのため、男性でも女性でも楽しみやすい漫画サブスクです。

 

無料期間が存在するから、お試し利用できる

コミックDAYSには、無料期間が存在します。

申し込み月は無料で漫画誌を読めますので、気軽に始めることができるでしょう。

ただし、通常は付与される200ポイントが無料期間の間は付与されません

アプリの使用感や操作性を確かめたり、漫画誌を実際に読んでみたりしてみてはいかがでしょうか

コミックDAYSはこちら

公式サイトで申し込みの手続きをするまで料金は請求されません。

 

コミックDAYSの悪い点(デメリット)とは

このサブスクのデメリットは何?

次は、コミックDAYSの悪い点です。コミックDAYSを利用する前に把握しておきましょう。

アプリの使用感には課題が残る

「実際に筆者が使ってみた結果と感想」でも紹介しましたが、「アプリの使用感」には課題が残ります。

しかし、Google Playストアの評価とレビューでも同様の不満が挙がっているので、今後改善される可能性は高いです。

使用感に関わる内容なので、実際に自分で利用して確かめることをおすすめします。

 

袋とじや一部記事は配信されていない

袋とじや一部記事は配信されません。

紙の漫画誌だったら読めていた内容を読めないので、明確なデメリットといえるでしょう。

そのため、袋とじなどを楽しみに漫画誌を購入している人にはおすすめしません。

 

コミックDAYSでおすすめの料金プランは?

お金

続いて、コミックDAYSの料金プランについて解説します。
コミックDAYSには料金プランが2つあります。

料金プラン名月額料金読み放題冊数
DAYSプレミアム720円6誌
DAYSもっとプレミアム960円21誌

DAYSプレミアムは、月額720円で講談社の雑誌6冊が読み放題になります。
週刊ヤングマガジンや月刊アフタヌーンなどが読めます

DAYSもっとプレミアムは、月額960円で講談社の雑誌21冊が読み放題です。
DAYSプレミアムで読み放題の漫画誌に加えて、週刊少年マガジンなどを読めます

読みたい漫画誌がDAYSプレミアムにあるなら、DAYもっとプレミアムを利用する必要はないかもしれません。

ただし、どちらの料金プランでも、無料期間は同じく申し込み月までです。

無料期間だけでも、DAYもっとプレミアムを利用してみてはいかがでしょうか。

コミックDAYSはこちら

公式サイトで申し込みの手続きをするまで料金は請求されません。

 

定額制人気漫画サービスの徹底比較表

読み放題冊数月額料金ジャンル無料体験
BOOK WALKER漫画誌99誌、単行本2万冊836円漫画誌(+単行本)無し
コミックDAYS漫画誌6誌、または21誌720円~漫画誌当月無料
コミック.jpポイントがあるだけ550円~漫画単行本 / 漫画誌30日間
いつでも書店ポイントがあるだけ550円~漫画単行本 / 雑誌 / 一般書籍1ヵ月
まんが王国ポイントがあるだけ330円~漫画単行本 / 漫画誌無し
コミなびポイントがあるだけ330円~漫画単行本 / 漫画誌無し
少年ジャンプ+週刊少年ジャンプとジャンプGIGAの最新号980円ジャンプのみ無し
ヤングジャンプ定期購読デジタル・週刊ヤングジャンプ最新号
・過去1年間のバックナンバー
1,300円ヤングジャンプのみ1ヵ月
Kindle Unlimited200万冊以上980円オールジャンル30日間
ブックパス3万冊以上418円~オールジャンル30日間
シーモア読み放題3万冊または7万冊780円~オールジャンル7日間
ブック放題漫画4万冊、雑誌700誌550円マンガと雑誌専門1ヵ月

※スマートフォンの方は横にスライドできます

下記記事で漫画サブスクを徹底比較していますので、ぜひお読みください。

関連漫画サブスクのおすすめ12選!漫画読み放題サービスの比較と選び方

おすすめはどれ?漫画のサブスク
漫画サブスクのおすすめ12選!漫画読み放題サービスの比較と選び方

漫画が定額料金で読み放題になる「漫画サブスク」。 漫画サブスクはNTTやKDDIが運営している大手サービス、角川や週刊少年ジャンプが提供しているサービスなど多種 ...

続きを見る

 

コミックDAYSの利用手順

step by step

コミックDAYSの利用手順を簡単に解説します。

  1. コミックDAYS公式サイトに移動する
  2. [0円でお試し]を押す(またはアプリをインストールする)
  3. 料金プランを2つから選択する
  4. 会員情報を登録する
  5. 支払い方法を選択する

簡単な流れは上記のとおりです。

コミックDAYSはこちら

公式サイトで申し込みの手続きをするまで料金は請求されません。

 

コミックDAYSの解約方法

解約方法をカンタンに解説

利用の手続きと同様に、コミックDAYSの解約は公式サイトから行います。
解約の手続きを行うまでは、毎月料金を請求されますので注意が必要です。

それでは、コミックDAYSの解約方法を簡単に解説します。

  1. コミックDAYS公式サイトに移動する
  2. ログイン後、[マイページ]を押す
  3. [お客様情報]を押す
  4. [プレミアム会員を解約する]を押す

簡単な流れは上記のとおりです。

解約自体は難しい作業ではないので、安心して利用を始められるでしょう。

 

コミックDAYSのよくある質問に関するまとめ

よくある質問

最後に、コミックDAYSでよくある質問や疑問をピックアップし、解決策をまとめていきます。

コミックDAYSに不安を感じている人や、疑問が多く残っている人は、参考にしてみてください。

バックナンバーはどれくらい読めますか?

バックナンバーが読める量は、週刊誌と月刊誌で異なります。

読めるバックナンバー
週刊誌過去3号分
月刊誌過去2号分

週刊誌は「過去3号分」のバックナンバーを読めますが、月刊誌は「過去2号分」のバックナンバーを読めます。

 

ダウンロード機能を使用するにはアプリが必須ですか?

ダウンロード機能を使用するには、アプリのインストールが必須です。

Webブラウザからも利用できますが、ダウンロードしてオフラインで漫画を読むことはできません。

 

ポイントはいつ付与されますか?

ポイントは毎月15日の12時に付与されます。(月額プランに登録している人のみ。)

ただし、無料期間中はポイントの付与がありませんので注意が必要です。

 

コミックDAYSの口コミや評判が良いのか悪いのか?まとめ

この記事のまとめ

この記事では、コミックDAYSの口コミや評判をまとめ、筆者自身が実際に使った感想を紹介しました。

コミックDAYSを利用すると、講談社の人気漫画誌が読み放題になります。
漫画誌1冊300~500円であることを考えれば、非常にコスパが優れたサービスといえます

しかし、口コミを見てみると袋とじが読めないことに不満を持った人がいるのも事実です。

紙の漫画誌とは内容が異なる部分があることを理解した上で利用すれば、漫画誌をたくさん読めるのでオススメできます。

コミックDAYS
月額料金720円~
読み放題冊数・漫画誌6誌
・漫画誌21誌
ジャンル漫画誌
無料期間当月無料
支払い方法・クレジットカード
・ドコモ払い
・auかんたん決済
運営会社株式会社講談社
アプリの有無

コミックDAYSはこちら

公式サイトで申し込みの手続きをするまで料金は請求されません。

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    -サブスク一覧
    -