サブスク一覧

バラのサブスク「CouturierUno(クチュリエ・ウーノ)」とは?特徴や注意点を解説!

11月 21, 2021

couturieruno(バラのサブスク)

この記事では、バラのサブスク「CouturierUno(クチュリエ・ウーノ)」をご紹介します。

CouturierUnoは、バラが毎月1回届けられる月額定額制サービスです。
月額定額制サービスなので、「サブスクリプションサービス」に含まれています。

毎月届くバラはブーケのようにボリューム感があり、利用していて非常に満足感のあるサービスになっています。

この記事を通して、CouturierUnoの特徴や注意点をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

バラのサブスク「CouturierUno(クチュリエ・ウーノ)」とは

どんなサブスクリプション?

月額料金5,500円
送料・東北、四国、九州:1,320円
・北海道、一部離島:1,650円
・その他地域:990円
届く花の種類バラ
花の本数毎月異なる
お届け頻度月1回
非配達地域沖縄全域、北海道と鹿児島の一部離島
支払い方法クレジットカード

CouturierUno(クチュリエ・ウーノ)は、月額料金+送料で利用でき、毎月1回豪華なバラが届けられるサービスです。

毎月バラが届けられるので、家の中でいつでもバラの美しさを感じられます。
ちょっと疲れたときにバラを見ると、癒されて元気が出ます。

また、一度定期便に申し込むとそれ以降は自動で支払われます。
だから、面倒な支払い手続きは不要で毎月のワクワクにも繋がるのです。

月額料金は5,500円(税込)です。送料は住んでいる場所によって異なります。

住んでる場所(お届け先)送料
東北、四国、九州1,320円
北海道、一部離島1,650円
その他地域990円

例えば、関東に住んでいる人であれば、月額5,500円+送料990円(その他地域)で毎月の支払額は「6,490円」です。

「少し高いな…」と感じるかもしれませんが、届けられるバラは品のある高級ブランドで、ボリュームもあります

 

どんなバラが届く?

それでは、毎月どんなバラが届くのかをご紹介します。

ズバリ、高級薔薇専門店「ローズギャラリー」と神田うのさんが選んだバラが届きます。
届けられるバラはボリューム感があるので、複数の花瓶に分けて飾れるのが魅力です。

サブスク先生
過去に届いたバラを見てみましょう。

2021年6月に届いたバラ

2021年6月には、白いバラがメインのブーケが届けられました。
どこに飾っても部屋を華やかにしてくれるバラです。

2021年7月に届いたバラ

2021年7月には、夏を象徴するひまわりと黄色いバラのブーケが届きました。
見ているだけで元気が湧いてきます。

2021年8月に届いたバラ

2021年8月には、紅葉を感じられる真っ赤なバラがメインのブーケが届けられました。
部屋に飾るだけで色鮮やかにしてくれます。

2021年9月に届いたバラ

2021年9月には、落ち着いた雰囲気を感じるピンクベージュのバラがメインのブーケが届けられました。
どんな部屋にも飾れる素敵な色合いです。

2021年10月に届いたバラ

2021年10月には、秋を想像するオレンジ色のバラがメインのブーケが届けられました。
部屋に飾ればオシャレな雰囲気になること間違いなし。

2021年11月に届いたバラ

2021年11月には、高貴で優雅な印象を与える濃いピンクと紫色のバラがメインのブーケが届けられました。
見ているだけで心が癒されます。

CouturierUnoから半年間で届けられたバラは以上のとおりでした。
写真よりも実物のバラを見たときの感動は大きいですよ!

どんな人にオススメ?

続いて、CouturierUnoがどんな人におすすめのサービスなのかをお伝えします。
料金やサービス内容を考えた上で、下記の人におすすめです。

こんな人におすすめ

  • いつでも家にバラのある生活に興味がある人
  • 花を見ていると気持ちが安らぐ人
  • 毎月バラが届けられる楽しみがほしい人

 

CouturierUno(クチュリエ・ウーノ)の注意点

このサブスクのデメリットは何?

CouturierUno(クチュリエ・ウーノ)を利用する上で注意することも解説します。
注意点は下記の2点です。

  • 送料が高い
  • 口コミ・評判が少ない

送料が高い

CouturierUnoは月額料金に加えて送料が必要になります。
その送料が約1,000円ほど必要なので、類似サービスと比較しても高いです。

繰り返しですが送料は住んでいる場所(お届け先)によって異なります。
もう一度、ご自身の住んでいる場所の送料をお確かめください。

住んでる場所(お届け先)送料
東北、四国、九州1,320円
北海道、一部離島1,650円
その他地域990円

CouturierUnoは、送料を含めた料金に納得できた人だけ利用しましょう。

口コミ・評判が少ない

CouturierUnoはまだまだ新しいサービスです。

2021年6月に開始したサービスのため、TwitterやInstagramなどのSNSで目立った口コミ・評判はありません

「口コミの少ないサービスは不安」という人は、もう少し様子を見てもいいでしょう。

 

CouturierUnoと他社の花サブスクを比較

サブスク比較

最後に、CouturierUnoと他社の花サブスクを比較します。
下記表は、主要な花サブスクとCouturierUnoを「月額料金」「届く花」「受け取り方」で比較しています。

サービス名月額料金(税込)届く花受け取り方
CouturierUno5,500円ボリューム感のあるバラのブーケ通常配送
Hitohana990円~2~4本以上通常配送
bloomee1,650円~3本以上ポスト投函、手渡し
Flower2,552円~5~7本以上専用BOX
ピュアフラワー1,840円~3~5本以上通常配送
ライフルフラワー1,716円~3~4本以上郵便/宅配
日本総合園芸2,904円~3本以上通常配送
メデル(medelu)1,980円~4~5本以上ポスト投函/手渡し/宅配ボックス
ハレとケ3,300円花屋で手に入りにくい旬の花 + 花のストーリーを知る新聞通常配送
世界の花屋5,500円世界中の色鮮やかな花束通常配送

月額料金だけ見てみると、CouturierUnoは「世界の花屋」と並んでいることが分かります。

このように比較すると、CouturierUnoは高額だと感じてしまうかもしれません。
しかし、CouturierUnoと世界の花屋は、安さや気軽さよりも"花の量や質"が強みです。

サブスク先生
届く花の満足度なら、CouturierUnoや世界の花屋が圧倒的です。

CouturierUnoは届く花の量が多いため、受け取り方は「通常配送」のみになります。

もし、家を不在にすることが多く、通常配送の受け取りが難しいのであれば「ポスト投函」してくれる花サブスクがおすすめです。
ポスト投函してくれる花サブスクは、bloomeeやメデルなどが挙げられます。

他社の花サブスクに興味がある人は「花サブスクのおすすめ24選!人気な花の定期便を徹底比較!【2022年】」をご覧ください。

花サブスクおすすめ比較
花サブスクのおすすめ24選!人気な花の定期便を徹底比較!【2022年】

月額定額制で花が定期的に届けられる「花サブスク」。 近年、花のある生活をしたい人に注目されています。 この記事では、bloomeeをはじめとした、花サブスクのな ...

続きを見る

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    -サブスク一覧
    -